【UQモバイル】メリット・デメリット申込前の最終確認

UQモバイルのメリットとデメリット

UQモバイルはKDDIの運営するサブブランドだから、乗り換え先としては間違いないだろう。

なんといっても、「キャリア品質のサービス」に「格安SIMなみに安い料金」で安心です。

だけど申込前にもう一度UQモバイルのメリット・デメリットを再確認しておきたい。

そのような方に向けてUQモバイルのメリットとデメリットをまとめてみました。

【参考】

<% index %>

UQモバイルの通信に関するメリット・デメリット

高速通信のイメージ

携帯代節約のために格安SIMに乗り換えたら、通信速度が遅くて時間帯によってはまともに使えない…

このようなことがあっては困ります。

そんな通信に関するUQモバイルのメリットとデメリットを見ていきます。

通信に関するメリット

UQモバイルの通信品質はとても高く、格安SIMとはレベルの違いを見せつけられています。

通信速度が圧倒的に速い

UQモバイルの通信速度はとても速く、下のグラフからも分かる通り主要な格安SIMとの比較においてもトップです。

<平均下り速度グラフ>

平均下り速度

(画像引用:UQmobile公式HP)

時間帯による速度の不安定さがない

また、格安SIMによく見られる時間帯によって速度低下が見られるといった不安定さもありません。

UQモバイルの時間帯別平均速度情報
(直近3ヶ月、n=1,117)

下り 上り
43.81Mbps 9.73Mbps
35.46Mbps 7.76Mbps
夕方 40.66Mbps 8.26Mbps
35.53Mbps 7.39Mbps
深夜 56.47Mbps 9.26Mbps


(引用:みんそく)

あくまでも目安ですが、
メールやLINEなどの使用には1Mbps、WEBサイト閲覧(画像込)は5Mbps、4K動画25Mbps、HD1080動画5Mbpsくらいが快適にインターネットをするのに必要と言われています。

UQモバイルの通信品質であればインターネット利用で不便さを感じることはまずなさそうです。

データ容量の節約ができる

月額基本料や通話料が安いのも大事ですが、データ消費を抑える工夫もUQモバイルにはあります。

節約モード

節約モードバナー

(画像引用:UQmobile公式HP)

「節約モード」に切り替えることによって下記のように通信速度が抑えられます。

この「節約モード」ではデータ容量が消費されません。

くりこしS
(3GB)
くりこしM
(15GB)
くりこしL
(25GB)
節約モード
最大速度
300Kbps 1Mbps 1Mbps


LINEやメールの送受信、画像の少ないWEBサイト閲覧などに高速通信は必要ありません。

節約モードにしておくことでデータ容量の消費を抑えることができます。

余ったデータ容量は繰越

余ったデータ容量は翌月へ繰り越すことができます。

くりこし上限は「くりこしS」3GB、「くりこしM」15GB、「くりこしL」25GBです。

データ容量の消費は「くりこし分」「月間データ容量」「追加購入分」の順番で行われます。

※データ容量の追加購入
・100MB/220円(税込)
・500MB/550円(税込)

auのWi-Fiスポットが無料で使える


auPAYロゴ

au PAYアプリをインストールして登録する必要があります(無料)。

国内に約10万以上のアクセスポイントがあり、列車や高速バス内などにも展開中のようです。

使える無料Wi-Fiをもれなく利用するとそれなりのデータ容量節約になります。

テザリングが無料

テザリングとはスマホなどのデータ通信を利用して、PCやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続させること


ノートパソコンを使う女性

Wi-FiがなくてもスマホをWi-Fiルーター代わりにネット接続できます。

テザリングは携帯電話会社によっては有料サービスですが、UQモバイルは無料です。

「節約モード」でテザリングするならデータ容量の消費もありません。

通信に関するデメリット

通信に関してマイナスポイントもあります。

データ容量をシェアできない

UQモバイルには「UQ学割」や「UQでんきセット割」など家族が対象となる割引があります。

しかし、家族間で余ったデータを足りない人が使ったりするシェアはできません。

使用できる回線はau回線のみ

UQモバイルで使用できる回線はau回線のみです。

ドコモやSoftBankで購入したスマホをUQモバイルで使用するにはSIMロック解除が必要になります。

【参考】

格安SIMの中には複数の回線に対応しているところもありますから、au以外の人はSIMロック解除が必要というのはマイナスポイントです。

3G回線が使用できない

UQモバイルが使用しているauの4Gは人口カバー率99%です。

ですから、よほど山奥などに行かない限りは問題ないと思います。

山頂付近の写真

しかし、そのような山奥では3Gしか利用できないエリアがあるようです。

ということは、3Gを利用できないUQモバイルは使用できないことになりますがレアケースだと思います。

UQモバイルの料金に関するメリット・デメリット

右肩下がりのグラフ

携帯電話会社を乗り換えようとする理由は携帯代を節約したいと言う人が多いと思いますので、重要なポイントです。

UQモバイルの料金プラン概要

UQモバイルの料金プランはデータ容量によって3つに分かれています。

<月額基本料>(価格は税込)

プラン名 くりこしS くりこしM くりこしL
データ容量 3GB 15GB 25GB
通常時
月額基本料
1,628円 2,728円 3,828円
割引適用時
月額基本料
990円 2,090円 2,970円


※料金表にある割引は「UQでんきセット割」

「UQでんき」か「auでんき」に加入することで家族全員が割引対象となります。

<通話料>

他の携帯電話会社と同じで22円/30秒です。

通話オプションとして以下の3つがあります。

<オプション料>

UQモバイルの通話オプション

とてもシンプルで低料金設定ですが、この料金面のメリットとデメリットをまとめていきます。

UQモバイルの料金に関するメリット

料金に関するメリットをいくつか挙げていきます。

料金プランがシンプルでわかりやすい

前項でご紹介したように、月額基本料はデータ容量によって3つに分かれています。

そして、月額基本料に通話料とオプション料を足したものが月額料金になります。

<月額基本料>

UQモバイル月額料金表

  +

<通話料>
22 円 / 30 秒 

  +

<オプション料>

UQモバイルの通話オプション

とてもシンプルで分かりやすく、どのプランでどのようなオプションをつけるとお得かなどが容易に判断できます。

格安SIMと比較しても安い

UQモバイルはサブブランドで自社回線を使用していますし、全国に店舗を展開してユーザーサポートを対面で行っています。

普通に考えるとコストがかかっている分、料金も高く設定されているような気がします。

しかし、

「UQでんきセット割」を適用したときの月額基本料はかなり安くなります

<割引適用時の月額基本料>(価格は税込)

プラン名 くりこしS くりこしM くりこしL
通常時
月額基本料
1,628円 2,728円 3,828円
割引適用時
月額基本料
990円 2,090円 2,970円


「UQでんきセット割」を適用した場合にはなりますが、格安SIMと比較してもトップクラスの安さです。

割引を適用していないと高いのかというと、そういうことではなく、キャリアからの乗り換えであれば年間で数万円の節約になります。

3種類の通話オプションで通話料節約

既出ですがUQモバイルには3種類の通話オプションがあります。

他の携帯電話会社のように専用アプリは使用しませんので、手間もかからず通話品質も変わりません。

電話をたっぷりしたい方に

<国内通話かけ放題>
24時間いつでもいくらでもかけ放題
オプション料 月額1,870円(税込)

短時間の電話が多い方に

<国内通話10分かけ放題>
10分/回までの通話全て無料
オプション料 月額770円(税込)

ときどき長電話する方に

<国内通話60分までかけ放題>
60分/月までの通話無料
オプション料 月額550円(税込)

申込時負担を減らすキャンペーン

SIMのみの契約の方向けキャンペーン

UQモバイルキャンペーン

キャッシュバックキャンペーンで契約時の費用負担を軽減してくれます。

契約時の費用が無料になるどころかおつりがきてしまいます。

【対象者】
オンラインショップから申込
・くりこしS,M,Lをご契約
・SIMのみの契約

【キャッシュバック内容】
・新規契約⇒3,000円
・MNPでくりこしSを契約⇒6,000円
・MNPでくりこしMLを契約⇒10,000円

詳細情報・申込はUQmobile公式HP

※SIMと端末のセットで購入の方は対象外ですが、端末代の大幅値引きがあります。

UQモバイルの料金に関するデメリット

UQモバイルの料金に関するデメリットを挙げてみます。

割引適用なしだと平均的な安さ

「UQでんきセット割」が適用されていなくても安いことに変わりはないので、デメリットというほどではありませんが…

「UQでんき」への切替はメーター取り換え工事の立ち合いも不要です。

また、初期費用も掛からないので適用しやすい割引だと思います。

それで家族全員が格安SIMでも上位の安さに割引してもらえます。

契約時の費用3,300円が必要(回避可)

UQモバイルは契約時にSIMパッケージ料金として3,300円が必要です。

しかし、既出ですが、オンラインショップでSIMのみの契約(MNP)をすれば最大1万円がキャッシュバックされます。

端末も一緒に購入する場合は大幅に値引きしてくれます。

詳細情報・申込はUQmobile公式HP

UQモバイルのサポートのメリット・デメリット

スマホとはな

続いてサポート面でのメリットとデメリットについてみていきます。

サポートに関するメリット

まずはメリットからですが、コストがかかるにも関わらず下記二項目を充実させているUQモバイルのユーザーを大事にする姿勢が読み取れます。

全国にショップを展開

格安SIMの多くはショップを展開していません。

ショップを展開していないことでコストがかからず「格安」な料金を実現しています。

しかし、UQモバイルは全国にショップを展開しており契約や機種変更、困りごとの相談などに対面で対応してくれます。


UQモバイル店舗外観

オンラインではうまくやり取りできないことも対面なら解決しそうです。

auStyle、auショップ、UQスポットの全国2,300店舗でUQモバイルの取り扱いがあります。

UQあんしんサポートで設定も安心

あんしんサポートイメージ写真

UQモバイルの初期設定、電話帳移行などのサポートを電話や遠隔操作でしてくれます。

<サポート事例>

・APN設定
・Wi-Fiの接続
・TwitterなどのSNS登録方法
・Bluetoothの設定
・ウィルス対策関連ルーターHUB設定
・アプリのインストール、操作方法
・電話帳移行
など

サポートに関するデメリット

サポートに関するデメリットはいまのところ思いつきません。

思いついたらこちらへ書いておきます。

詳細情報・申込はUQmobile公式HP

UQモバイルのその他のメリット・デメリット

スマホとはな

ここまでに挙げたもの以外のメリットとデメリットを見てみます。

その他のメリット

まずはメリットから見ていきます。

最新の端末がお得に購入できる

MNPで他社から乗り換える方が対象でとってもお得です。

UQモバイルでは2021年7月時点で9種類の端末を販売しています。

分割回数24回と36回、契約するプランによって価格が異なります。

【iPhone12 64GB】


iPhone12

くりこし S 86,760円
くりこしML 82,800円
Apple公式 94,380円

【iPhone12 128GB】


iPhone12

くりこし S 91,440円
くりこしML 87,480円
Apple公式 99,880円

APPLE公式と比較しても10,000円前後安く購入できます。

他にも販売機種はあります。⇒UQmobile公式HP

口座振替による支払いが可能

格安SIMのほとんどは支払方法がクレジットカードに限定されています。


クレジットカード

格安SIMの支払方法はほとんどがクレジットカード限定

クレジットカードを持っていないとか支出は銀行口座にまとめているといった人には不便です。

しかし、UQモバイルは口座振替による支払いが可能です。

しかも、毎月の使用料だけではなく、端末の分割代金も口座振替が可能です。

【参考】

キャリアメールが使用できる

月額220円(税込)の有料オプションですが、キャリアメールが使用できます。

最近ではGmailなどのフリーメールがよく使われていて、キャリアメールを使っている人はあまりいないと思われます。

しかし、キャリアメールはネットバンキングなどで登録メールに推奨されるなど信頼性は高くブロックされることもあまりありません。

いずれにしても、必要としている人がいる事は確かであり、選択肢があると言う意味でメリットではないでしょうか。

その他のデメリット

なかなかでメリットが見つかりませんが…

大容量プランがない

UQモバイルではプランが3つあって、最も大きいものが「くりこしプランL」で使用できるデータ容量は月25GBです。

実際には25GBはかなりの大容量です。

しかし、自宅がWi-Fi環境ではないとか動画をよく見るなどで25GB以上を必要とする人へ対応できません。

詳細情報・申込はUQmobile公式HP

まとめ

iPhone12

UQモバイルのメリットとデメリットを見てきましたが、メリットをまとめてしまうと、やはり

「キャリア品質のサービス」が「格安SIMなみの低料金」で受けられる

ということだと思います。

そして、デメリットもいくつかありましたが、いずれもメリットをひっくり返せるだけのインパクトはありません。

また、人によって異なるとは思いますが、得られるメリットから考えると

メリットは許容できるものや回避できるものであったと思います。

筆者ももう2年以上UQモバイルを使用していますが、とても満足しています。

乗り換え先としてぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

【参考】

詳細情報・申込はUQmobile公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました