【UQモバイル】WEB申し込みでの口座振替の設定は不可!!

UQモバイルはweb申し込みでは支払方法を口座振替に設定できません。どうしても口座振替にしたい人は後から変更できます。

また、携帯電話会社はキャリア(au、ドコモ、SoftBank)を除けばほとんどが口座振替に非対応です。

クレジットカードを持っていない人や、支払は通帳で管理したい人にはとても不便ですが、そのような人でも申し込み時点で口座振替にする方法はないものでしょうか…?

公式HPで確認したい方

【参考記事】

UQモバイルではWEB申込時点での口座振替設定は不可

実はUQモバイルではWEB申し込みの時点で口座振替を支払い方法に設定できていたのですが、知らない間に廃止されていたようです。

過去の支払い方法の設定

現在でも一部のWEBサイトでは「UQモバイルではWEB申し込みで口座振替に設定できる」としているものもありますので、頭がこんがらがっている方も多いと思います。

過去の支払い方法設定画面

◁過去の支払い方法設定画面

他社からの乗り換え(MNP)に限って口座振替の設定が可能だったのですが現在は出来なくなっています。

上記のWEB申し込み画面で口座振替を設定すれば、後日、自宅に口座振替設定用紙が送られてくるので記入して送り返すというやり方でした。

現在の支払い方法の設定

繰り返しになりますが、UQモバイルではWEB申し込み時点で口座振替を支払い方法に設定することができません

WEB申し込み時点で支払い方法に設定できるのはクレジットカード払いのみです。

UQモバイルのホームページでも口座振替での支払い方法の設定が可能と記載されていますが、それは変更や店舗での申し込み時のみ可能と言う意味です。

UQモバイルで口座振替を支払い方法に設定するには?

それでも、UQモバイルで口座振替を利用する方法についてまとめてみます。

  • 店頭まで出向いて申し込みをする。
  • あとから口座振替に変更する。
  • デビットカードを支払い方法に設定する。

それぞれ説明していきたいと思います。

店頭まで出向いて申し込みをする。

WEB申し込みではなく、店頭まで出向いて申し込みをすれば口座振替を支払い方法に設定することができます。

  • 最寄りの店舗を探す

店舗は公式HPから最寄店舗が検索できます。キャリアではなくてこれだけの店舗数があるのは嬉しいポイントです。

  • 店舗に持参するもの

店頭での申し込みには右の3つを持参する必要があります。口座振替にしたいのであれば、キャッシュカードが必要です。

  • 注意する点

オンラインショップ限定のキャッシュバックキャンペーンの対象外となる。しかし、数ヶ月もあれば月額料金が安くなったことで取り返せる程度のだと思います。

オンラインショップ限定のキャッシュバックキャンペーンが受けられなくなることを除けば、大きなデメリットは無いように思います。

後から口座振替に変更する

WEB申し込みの時には一旦クレジットカード払いで設定し、後から口座振替に支払い方法を変更することもできます。

  • 支払い方法変更手順

①UQモバイルの会員サイト「My UQ mobile」へログインする。

UQモバイルにログインするにはau IDやパスワードが必要ですが、クレジットカード払いで契約した際に発行されています。

②「支払い方法変更」メニューを選択する。

支払方法変更を選んだあとは、口座振替を選択し、案内に沿って進めていけばかんたんです。

  • 口座振替に理由できる金融機関

日本全国の銀行や信用金庫などほとんどの金融機関が対応しています。一覧はこちらから。

口座振替できる支払の種類

口座振替できるのは月々の携帯電話使用料と端末の分割支払金です。

端末を一括支払で購入した場合は口座振替を利用できません。クレジットカード払いか代引きによる決済となります。

支払項目口座振替
月額使用料
端末代金(分割)
端末代金(一括)×

<代引手数料>
支払合計 ~3万円 440円
支払合計 3万円~ 660円

振替口座の名義は原則本人

原則、口座振替に使用する銀行口座の名義は契約者本人に限ります。

もし、どうしても家族名義の口座を振替口座として設定したい場合

 ▼

UQモバイル取扱店へ出向き手続きする必要があります。

店頭手続には以下のものを持参しなければなりません。

1.銀行のキャッシュカード
口座振替に設定する予定の銀行口座のキャッシュカードの原本が必要です。

2.ご家族である証明書

家族である証明書備考
戸籍謄本発行日より3ヶ月以内
住民票
(続柄記載)
発行日より3ヶ月以内
同性のパートナーシップを証明する書類地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係を証明できる公的書類 例)渋谷区「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」に基づく「パートナーシップ証明書」

公式HPで確認したい方

UQモバイルのWEB申し込みで口座振替にするメリット

では、UQモバイルで支払方法を口座振替にするメリットを挙げてみたいと思います。

クレジットカードを持っていなくても格安SIMが使える

冒頭でも書きましたが、クレジットカードを持っていない人は意外に多いと思います。

クレジットカードは持っていても、家賃や水道光熱費などの支払いは一つの口座で管理したいという人もいると思います。

そのような人たちには口座振替が設定できるというのはとても便利だと思います。

UQモバイルの口座振替は手数料無料

中には口座振替に対応してはいるけれど、毎月数百円の手数料をとるケースがあるようです。

UQmobileは手数料を取りませんので、口座振替にすることで損はしません。

UQモバイルのWEB申し込みで口座振替にするデメリット

続いてデメリットを挙げてみます。

口座振替が開始されるまではコンビニ払い

口座振替の申し込みはネットでは完結せず、後日送られてくる依頼書を記入して返送しなければなりません。

手続きが終わるまでの2~3月は送られてくる払込用紙でコンビニ払いすることになります。

この払込用紙は2回までは無料ですが、3回目からは216円の手数料がかかります。

クレジットカードのようにポイントが貯まらない

クレジットカードにもよりますが、支払い関係は全てクレジットカードでポイントをコツコツとためている人も多いです。

貯めたポイントで買い物をするのはとても得をした気分になりますが、口座振替にはそれはありません。

UQモバイルのWEB申し込みで口座振替にする時の注意点

UQモバイルで口座振替にするにあたり注意した方が良い点をいくつか挙げてみたいと思います。

口座振替にすると審査が厳しくなる?

支払い方法口座振替に指定すると、審査が通常よりも厳しくなると言う話を聞くことがありますが、本当なのでしょうか?

審査をするのは契約時ですから、店頭で申し込む場合に限ったことになります。

以前、UQmobileで働いていた知人に聞いたことがありますが、支払い方法がクレジットカードか口座振替によって審査基準が変わる事はないようです。

しかし、支払方法によって審査基準が変わることはないが、端末を分割購入する場合は審査が厳しくなる。

審査は大きく分けて「契約審査」と「分割審査」に分かれるようです。

  • 契約審査

本人確認書類と申込内容に相違がないか、本人確認書類に期限切れや住所変更忘れなどの不備がないか、TCAなどの情報機関の「不払者情報」に登録されていないかなどを見るようで、支払方法に関係なくほぼ落ちることはないようです。
  • 分割審査

UQmobileで端末を分割で購入する時に行われる審査です。これはローンの審査と同じようにCICなどの信用情報機関の情報を照会して行われますので、審査落ちは珍しくありませんが支払方法によって難易度は変わりません。

いずれにしても、支払方法がクレジットカードか口座振替かによって審査に通過する難易度に違いはないようです。

口座残高が不足した場合再振替はない

うっかり口座残高が不足していて、料金の支払いができなかった時は、決められた日に再振替をしてくれるサービスもありますが、UQモバイルは再振替がありません。

支払いができなかった場合は、コンビニの払込用紙が送られてくるので、それで支払いましょう。何回か目には手数料が発生してしまいます。

料金の締め日と振替日

UQモバイルの料金の締め日は月末です。請求が15日頃になります。

振替日は、プランによって変わります。

●「くりこしプラン+5G」を契約している方
翌月25日、翌月末、翌々月10日のいずれかになります。

●「くりこしプラン+5G」以外を契約している方
翌月末になります。

また、振替日が土日祝日に当る場合は、翌営業日の振替です。

UQモバイル以外の口座振替可能な携帯電話会社

UQモバイル以外にも口座振替可能な携帯電話会社はいくつかありますが、それぞれに特徴があります。

2022年10月時点での情報になります。変更になっている可能性もありますので各業者の公式ホームページでご確認下さい。

楽天モバイル

楽天モバイルもオンライン申込で口座振替の設定が可能ですが、端末代金に関してはクレジットカードもしくは代引だけで口座振替の設定はできません。

消費データ容量月額料金
~1GBまで0円
2回線目以降は1,078円(税込)
~3GBまで1,078円(税込)
~20GBまで2,178円(税込)
20GB~無制限3,278円(税込)

詳細情報はこちらへ

【参 考】

Y!mobile

Y!mobileはオンライン手続きで口座振替の登録ができるようですが、端末の分割代金も口座振替にするには店頭に出向かなければならないようです。

UQmobileと同じサブブランドで高速で安定した通信品質で料金プランも安いことから、乗り換え先として大人気です。

UQmobileとY!mobileの比較表を載せておきます。

Y!mobile UQmobile
データ容量 月額料金
通常 割引適用 通常 割引適用
3GB 2,178円 990円 1,628円 990円
15GB 3,278円 2,090円 2,728円 2,090円
25GB 4,158円 2,970円 3,828円 2,970円

詳細情報はこちらへ

【参考】

ahamo

ahamo月額使用料と合わせて端末の割賦支払金も口座振替で支払い可能です。

ahamoはドコモのオンライン専用プランで、契約の申込もサポートもオンラインのみとなっていて、その分料金を低く設定しています。

料金プランはかなりシンプルで、下記のようになっています。

●データ容量20GBまで

●5分以内の通話何度でも無料

●月額2,970円(税込)

詳細情報はこちらへ

※表示されない時はコンテンツブロッカーOFF
で表示されます。

その他

Biglobeモバイルはデータ専用SIMのみ口座振替が可能で、通話SIMはクレジットカードのみですが、Biglobeの他のサービスを利用している人で口座振替で支払いをしていれば合算できることもあるようです。


OCNモバイルONE
は通常の申込とは異なるルートで申し込むこととなり、スマホ契約自体に大幅に時間がかかるようです。

※表示されない時はコンテンツブロッカーOFF
で表示されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました