【UQmobile】MNP転入の手順を分かりやすく解説!!

UQモバイルはMNPで転入する先として候補に挙げられることが非常に多いのですが、その理由はサブブランドとしての次の特徴を持っているからではないでしょうか?

  • 格安でわかりやすい料金プラン

他の格安SIMと比較してもトップレベル低料金設定で節約効果が抜群!

  • 格安なのにキャリアと変わらない品質

高速通信、端末の購入しやすさ、オプション、キャンペーンなど他の格安SIMとはレベル違い!

でも、MNP転入でUQモバイルへ乗り換えるのは難しそう…

という方へ、この記事を読んで安心してUQモバイルへMNP転入しましょう!

公式HPはこちら

UQモバイルへMNP転入する手順【事前準備】

まずは、UQモバイルへ申し込む前の事前準備からご説明します。事前に準備をしておくと、スムーズに乗り換えができます。

UQモバイル申込前の事前準備

  • 使用すスマホの動作確認
  • MNP予約番号を転出元から取得
  • 必要に応じSIMロック解除

事前準備として3項目をあげましたが、いずれもMNP転入には欠かせないものです。

それでは、順番に見ていきたいと思います。

使用するスマホの動作確認

UQモバイルで使用する予定のスマホが実際に使用できるか事前に確認しておく必要があります。

UQモバイルで使用するスマホには次の3通りの用意の仕方があります。

  • いま使用しているスマホを継続使用する
    最も安上がりな方法ですが、「スマホが古い」「聞いたことのないメーカー」「SIMロック解除が必要」という場合には注意が必要です。
    ※SIMロック解除についてはこの後で説明します。

  • 量販店などで購入したスマホ
    auやdocomo、SoftBankなどとの回線契約がなくても、スマホ本体だけを Apple Storeや量販店で購入して好きな携帯電話会社で使うこともできます。

  • UQモバイルで回線契約と同時に購入する
    動作確認不要です。自分のところで使用できないマホを販売することはありえません。100%使用できます。


これも順番に見ていきたいと思います。

いま使用しているスマホを継続使用する

あまりにも古すぎたり、聞いたことのないメーカーのスマホの場合は注意が必要です。UQモバイルのHPに「動作確認端末一覧」というページがあるので必ず申し込み前に確認しておきましょう。

UQモバイルで動作確認が取れているかキーワード、メーカー別などで検索できます。確認済みのスマホであればUQモバイルのSIMを挿入するだけで使えます。

「SIMロック解除」が要となっていた場合はSIMロックの解除が必要です。かんたんにできます。

SIMロック解除の仕方は後ほど説明しますが、下記記事もご参照ください。

量販店などで購入したスマホ

家電量販店や Apple Storeなどで販売されているスマホやiPhoneはどこの携帯電話会社でも使用できるように「SIMフリー」となっていますが、

中古のスマホなどを購入した場合には注意が必要です。SIMロックがかかっている可能性がなくはありません。

購入前に店員さんい「SIMフリーですよね?」と確認のうえスマホを購入しましょう。

UQモバイルで回線契約と同時に購入する

このやり方がなじみがあって分かりやすいと思います。UQモバイルで使えないスマホが販売されているわけはありませんので、安心です。動作確認の必要もありません

MNP予約番号を転出元から取得

現在契約している携帯電話会社(転出元)からMNP予約番号を発行してもらいます。

MNP予約番号…今と同じ電話番号を継続して使用するのに必要な引き継ぎ番号

※MNP予約番号の発行=解約ではありません。
新しい携帯電話会社の回線が繋がった時点で転出元は自動的に解約となります。

MNP予約番号の取得は電話やオンラインで申し込みますが、電話が手っ取り早くておすすめです。

auからMNP予約番号を取得する

方法 窓口 時間
携帯電話
一般電話
0077-75470 9~20時
EZweb トップメニューまたはauポータルトップ 9~20時
WEB Myauトップ 9~20時
店頭 auショップ/トヨタau取扱店(一部除く)

ドコモからMNP予約番号を取得する

方法 窓口 時間
携帯電話 151 9~20時
一般電話 0120-800-800 9~12時
WEB My docomo 9~20時
店頭 docomoショップ

ソフバンからMNP予約番号を取得する

方法 窓口 時間
携帯電話 5533 9~20時
一般電話 0800-1000-5533 9~12時
WEB My SoftBank 9~20時
店頭 SoftBankショップ

各社共通

  • MNP予約番号は無料発行
    MNP予約番号は何度発行しても費用はかかりません。失効した場合などは再発行しましょう。

  • MNP予約番号の有効期限は15日
    MNP予約番号には有効期限があって、発行から15日が経過すると失効します。中にはMNP申込時点で有効期限の残日数が3日以上ないとNGのところもあるようです。

UQモバイルに申し込む時には、申込直前にMNP予約番号の発行を転出元へ依頼しましょう。

必要に応じてSIMロック解除

SIMロック解除についてご説明いたします。

ちなみに、2021年10月1日より政府の要請でSIMロックは原則禁止となりましたので、それ以降に買ったスマホにはSIMロックはかかっていませんので、この項は飛ばしてください。

  • SIMカードとは

SIMカードはスマホに挿入することで通話や通信ができる小さなカードで、契約者の識別情報が記録されています。

今お使いのスマホからSIMカードを取り出して、UQモバイルから発行されたSIMカードを挿入することであなたのスマホはUQモバイルのスマホになります。

また、UQモバイルの回線が開通した時点で古い携帯電話契約は自動的に解約となりますので、面倒な解約手続きは不要です。

  • SIMロックとは
    SIMロックのイメージ図です。

たとえば、ドコモで購入してドコモで使い続けてきたスマホのSIMカードは、ドコモ回線の事業者でしか使用できません。

ドコモ回線の事業者とはドコモはもちろんですが、ドコモの回線を使用している格安SIMなども含んでいます。

そして、このSIMロックを解除してやることで、「SIMフリー」と言って回線を選ばずどこのSIMカードも使えるようになります。

SIMロック解除のイメージ図です。

とてもかんたんにまとめてしまうと、UQモバイルはauの回線を使用している事業者なのでauで購入したスマホであればSIMロック解除不要で使うことができます。

  • SIMロックの有無の確認方法
    お手持ちのスマホにSIMロックがかかっていないかの確認方法です。

【iPhoneの場合】
1.ホーム画面の「設定」を選択
2.「一般」を選択
3.「情報」を選択
4. ページ半ばの「SIMロック」欄を確認

【Android】
iPhoneのようにかんたんに確認できません。一部の機種では下記手順で確認できるようですが、できない場合は他のキャリアのSIMを挿入してみます。

「設定」→「デバイス情報」
→「SIMカードステータス」

  • SIMロック解除の手順
    SIMロック解除はショップでしてもらうこともできますが、3,300円の手数料が必要になります。WEB経由で自分ですることをお勧めします。

My auにログインして手続きを行えば手数料は無料です。手続きの中でIMEI (製造番号)を問われますので、事前に用意しておきましょう。

前項でご説明した「SIMロックの有無」の確認ページで見ることができますし、*#06#へダイヤルしても確認できます。

My auでのSIMロック解除手続きは受付時間が9〜21時30分です。手続が終了したあと、「完了のお知らせ」のメールを受信して完了です。

ドコモもソフトバンクもSIMロック解除の仕方に大差はなくかんたんに終わります。

au → My auから手続き

ドコモ → My docomo

ソフトバンク → My SoftBank

本人確認資料を撮影しておく

これは必ずしなければいけないわけではありません。

WEB申込の途中で「アップロードによる提出」もできますので、それでもかまいませんが余裕を持って申し込みをしたいのであれば用意しておくことをおすすめします。

  • 事前に本人確認書類を用意する場合

提出可能な本人確認書類

・運転免許証 (国際免許証を除く)・運転経歴証明書・マイナンバーカード・健康保険証 ・在留カード・身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳

※注意点
・提出する画像ファイルは5MB以内
・ファイル形式はjpgかpngのどちらか
・一部が切れたりしないよう全体を入れる
・光の反射や影で判読不能文字がないように

  • WEB申込の途中で撮影して提出
    慣れている方であれば構いませんが、余裕を持って申し込みたいのであれば事前撮影の方が良いと思います。

提出可能な本人確認書類

・運転免許証 (国際免許証を除く)・運転経歴証明書・マイナンバーカード ・在留カード

提出可能な本人確認書類も一気に少なくなってしまいます。どうしても綺麗に撮影できなくてエラーが続く場合、申込そのものを中断することになります。

UQモバイルへMNP転入する手順【オンライン申し込み】

UQモバイルに申し込む手順です。UQへの申し込みは断然オンライン申込がお得です。

オンライン申し込みはこちら

申込はオンラインショップが断然お得

ショップよりオンラインで申し込みをする方法が断然お得です!申し込み方法もとてもかんたんです。

オンライン経由での申し込みにはキャッシュバックを始めとする多くのキャンペーンが適用されるからです。

SIMのみの契約で最大13,000円CB

UQモバイルオンラインショップでSIMのみの契約をした方にキャッシュバックされます。

  • 新規でSIMのみの契約
    電話番号も新しくなるなる全くの新規契約の場合
    →3,000円相当還元

  • 乗り換え(MNP)でSIMのみの契約
    1.契約時に増量オプションⅡ*に加入
    →10,000円相当還元
    2.契約時に増量オプションⅡに未加入
    →6,000円相当還元

  • eSIMで契約すればさらに3,000円
    上記のキャッシュバックに加えて、eSIMで契約した場合はさらに3,000円相当が還元されます。


※増量オプションⅡ
月額550円で使えるデータ容量が下記のように増量されますが、今なら契約から13ヶ月間は無料です。

プラン データ容量 データ容量(追加後)
くりこしS+5G 3GB 5GB
くりこしM+5G 15GB 20GB
くりこしL+5G 25GB 30GB

SIMとスマホのセット契約で最大22,000円値引

UQモバイルオンラインショップでSIMとスマホのセットで契約された方にキャッシュバックされます。

増量オプションⅡの加入有無や新規orMNPで割引額が変わります。

他にも割引対象機種はあります。Androidも多数割引対象となっています。

詳しくはUQモバイルオンラインショップ

対象機種を新規契約すると最大5,000円CB

対象機種を新規契約で購入された場合に最大5,000円相当額がキャッシュバックされます。

詳しくはUQモバイルオンラインショップ

他にもオンラインショップ限定のキャンペーンはありますが、上記のものだけでもかなりお得です。

申込入力は正確に行いましょう

UQモバイルオンラインショップから申し込みますが、特に難しくはありません。ネットショッピングの経験がある方なら問題なくできます。

注意点としては、入力内容と本人確認書類の内容が不一致であったり、本人確認書類の更新忘れなどによる不備によって審査に落ちることがあります。

例えば、

本人確認書類→「本町1丁目1番1号」
WEB入力画面→「本町1−1−1」 → X

このような入力の仕方はやめて、本人確認書類と同じ表記にしましょう。

UQモバイルの審査については下記記事をご参照ください

かんたんな入力が終わり、審査にとおったら最短だと翌日にはSIMが自宅へ届きます。

UQモバイルへMNP転入する手順【初期設定】

自宅にSIMカードが届いてからすることを説明します。

UQモバイル公式HPに丁寧で分かりやすい手順書が公開されていますし、ステップ数も少ないので簡単です。

回線切替、開通作業

自宅にSIMが届いたとはいえ、 今まで使っていたスマホはまだ前の携帯電話会社の回線が使える状態です。

これをUQモバイルの回線に切り替える開通作業が必要です。

【手順1】
my UQ mobileにログインする。

【手順2】
ホーム画面下部の「受付情報確認」をタップ

【手順3】
表示されている申し込み状況に間違いがなければ「回線切替」をタップ

【手順4】
「実行する」をタップ

以上、たったの4ステップで完了です。

仮に自分で回線切替を行わなくても「出荷日+7日」で自動で回線が切り替わります。

回線がUQモバイルに切り替わった時点で、古い携帯電話会社との契約も終了となります。

APN設定

UQモバイルで端末を購入した場合はこの作業は不要です。

端末をインターネットを利用できる状態にセットアップする作業です。

この作業は端末によってやり方が異なるので、同封されている手順書や公式HPの案内に従って作業しますが、5分もあれば完了する簡単な作業です。

UQモバイルにMNP転入するメリット

UQモバイルにMNP転入するメリットをUQモバイルの特徴とともに確認してみたいと思います。

サブブランドの安心感が得られる

携帯電話会社にはキャリアとかサブブランド、格安SIMなど様々な種類があります。

UQモバイルはこの中のサブブランドという種類に分けられています。

サブブランドとは

同一の企業がメインのブランドとは異なる価格帯、コンセプトで商品・サービスを展開する際に用いるブランド

詳しく知りたい方はこちらへ↓

携帯電話のサブブランドは2つあり、一つはUQモバイル、もう一つがY!mobileです。

運営会社 メインブランド サブブランド
KDDI au UQモバイル
ソフトバンク SoftBank Y!mobile

KDDIがauとUQモバイルの2つの携帯電話ブランドを運営しています。ちなみに、povoはauの料金プランの一つです。

キャリア並みの高速で安定した通信

たしかに携帯電話代は節約できたけど、通信速度が遅くて特に込み合う時間はネットができない…

これは格安SIMに乗り換えた方の多くが一度は感じたことのある悩みだと思います。

キャリア(au、docomo、SoftBank)から回線の一部を借りている格安SIMとは違い、サブブランドのUQモバイルは自社回線を使用しています。

通信速度は圧倒的にUQモバイルが速く、4K動画やオンラインゲームも問題なく扱えます。

携帯電話代を確実に節約する料金プラン

格安SIMと比較してもトップクラスに安い料金設定です。キャリアからの乗り換えはもちろん、多くの格安SIMから乗り換える人が多いです。

UQモバイルの料金プランはこちらの記事から↓

全国に展開するショップや代理店

やはり対面でサポートを受けられることを重視している人も多いと思います。全国に約250店舗を展開するUQモバイルであれば、もしもの時にも安心できます。

いま全国には規模の小さいものまで含めれば数え切れないくらいの格安SIMがありますが、「ただ安いだけ」の事業者ではないことはたしかです。

提供しているサービスのクオリティだけでなく、困った時のフォローなども充実していて、安心してスマホを使うことができます。

キャリアと変わらないサービス品質で格安SIMなみに安い料金設定は大手企業だから実現できるのだと思います。

UQモバイルにMNP転入するデメリット

良いことばかりでなくデメリットも見てみたいと思います。

キャリアメールが使えなくなる

最近ではGmailなどのフリーメールを使う人が増えていますが、キャリアメールはネットバンキングの登録メールに推奨されるなど信頼性が高く、ブロックされることもあまりありません。

もしUQモバイルでキャリアメールを使うには、オプション料として220円が必要です。

大容量プランがない

UQモバイルの料金プランはたったの3つと少ないのですが、それが分かりやすいという評価を得る反面、ネットのヘビーユーザーにとってはデメリットとなっています。

UQモバイルの最も大きいプランは「くりこしL+5G」ですが、使えるデータ容量は25GBまでです。

増量オプションⅡをつければ30GBまで増やすことはできますが、月額550円が必要です(13ヶ月間は無料)。

WIFI環境下以外でも動画やオンラインゲームをするようなユーザーに向けたプランも個人的には作って欲しいと思います。

iPhoneなどの最新モデルは購入できない

これは他の格安SIMでも同じことが言えます。端末の販売自体していないケースがほとんどです。

2022年10月時点で、UQモバイルで販売されているiPhoneのモデルはiPhone12で、最新のiPhone 13は販売されていません。

最新のモデルでUQモバイルに乗り換えるためには、Appleや量販店で購入するなど自分で用意しなければなりませんが、その場合、UQモバイル・オンラインショップンの端末割引が使えません。

UQモバイルにMNP転入する時の費用

携帯電話会社と契約する時に思わず費用が掛かってしまうとテンションが下がりますが、UQモバイルはどうでしょうか。

MNP転出手数料

これは転出元の携帯電話会社に支払う費用ですので、契約している携帯電話会社によって異なります。

以前は携帯電話会社各社は3,300円を請求していましたが、2021年4月以降はほとんどの携帯電話会社は無料となっています。

ちなみに、au、docomo、SoftBankの3社はMNP転出手数料は無料です。

UQモバイルの契約時にかかる費用

SIMパッケージ発行費用として3,300円がかかります。

しかし、オンラインショップ経由で申し込めば最大1万円のキャッシュバックや端末代の大幅値引きがありますので、実質無料どころかおつりが来ます。

SIMロック解除費用

SIMロック解除費用は店頭に出向いてやってもらうと3,300円請求されるようです。

自分でやれば無料です。

SIMロック解除のやり方はこちらへ↓

公式HPはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました