【UQモバイル】審査はゆるい?なぜ落ちるかその理由と対策

「UQモバイルは審査がゆるい」
と聞くことがありますが、本当でしょうか?何かしらの事情で過去に支払いが遅れたなどご自身が審査に通るか心配な方も中にはいると思います。

UQモバイルは他の業者と同じように審査基準を公表していませんのではっきりした事は言えません。

ただ、端末の販売をしていない業者に比べると、端末の分割支払いの審査がある分、審査に落ちる人も多いと言うのが印象です。

ただ、 端末を分割支払いにしないのであれば、他の業者と同じようにUQモバイルは誰でも通るゆるい審査だと思います。

どういう時に審査落ちするのか、審査落ちしないためにできることは何か、対策はないのかなど調べてみました。

公式HPはこちら

【参考】

UQモバイルの契約審査と分割審査はどちらがゆるい?

UQモバイルの契約審査は、他の格安SIMと同じくらい誰でも通過できるゆるさだと思います。

ただ、それは契約時にスマホを分割で購入しない場合のことです。

  • 契約時にスマホを購入しない時に行われる審査

誰でも審査にとおります。それなのに審査落ちする人がいるのはなぜか?次項以降で説明します。
  • 契約時にスマホを分割購入する時に行われる審査

審査落ちすることが普通にあります。次項以降で説明します。

公式HPはこちら

UQモバイルの契約審査と分割審査の内容

前項でご説明したとおり、UQモバイルの審査は契約審査と分割審査の二つですが、難易度がまるで違います。

審査の種類は2つ

UQモバイルをはじめとする携帯電話会社の行っている審査の種類は2つです。

  • 契約審査

新規契約やMNP契約等の契約時に行われる審査です。申し込み時に提出した個人情報や本人確認書類の内容に不備がないか、また他社を含めて未払いの携帯電話料金がないか等のチェックを行います。

この審査では落ちる事はほぼないといえます。

また、他社と比較してこの審査がゆるいとか厳しいとか差がつくようなものでもありません。

  • 分割審査

UQモバイルでは端末(スマホ)も販売していて、新規契約やMNP契約の時に一緒に購入できますが、分割支払いで購入する時にはローンやクレジットと同じように審査が行われます。

この審査では落ちる事は普通にあります。

この審査は契約審査と異なり、各社によって通過難易度は異なると思います。

当然、審査基準や難易度は各社非公表なので想像するしかなく、明確な事は誰にも言えません。

それでも、審査に通りやすくなると思われる対策は講じることができると思います。

自分にはどの審査が行われるのかをまずは確認していきたいと思います。

・UQモバイルとは回線契約のみ
・端末(スマホ)は他で用意する

 ⇒「契約審査」のみ

・UQモバイルと回線契約
・同時に端末(スマホ)も分割で購入する

 ⇒「契約審査」+「分割審査」

端末(スマホ)をUQモバイルで分割払いで購入しなければ「契約審査」だけなので、審査落ちするということはほとんどなくなります。

契約審査は誰でも通る

「契約審査」は誰でも通るとはいえ、実際にはごく少数ですが落ちる人もいます。

「契約審査」がどのようなことをしているかが分かれば落ちる理由も分かってきます。

  • 契約審査の内容

UQモバイルと回線契約だけを結び、端末(スマホ)を自分で用意する人はこの「契約審査」のみです。

申込時の情報と本人確認書類の内容は完全一致が好ましい

申込時に氏名、年齢、生年月日、住所…などを入力しますが、それが提出した本人確認書類と一致しているかなどの確認です。

申込人が実在する人物で住所を特定できるかといったことを調べています。

入力ミスや本人確認書類の期限切れなどのミスがなければ、この部分を理由に審査には落ちることはありません

他社も含めて料金の不払がないか確認

外部の情報機関に申込人の情報を紹介して、携帯電話料金の不払がないかをチェックします。

<外部の情報機関>

TCA:(一社)電気通信事業者協会
TELESA(一社)テレコムサービス協会

ここの「不払者情報」に申込人が登録されていれば、「不払者情報の交換」に参加している携帯電話会社にその事実を知られて審査には落ちます。

「不払者情報」とは

携帯電話会社との契約を解除したあと(強制解約か任意解約かは問わない)、なお料金不払い状態にある人が登録されています。

ということは

下向きの矢印

現在契約中で料金不払いの人は「不払者情報」に登録されていませんので、契約している携帯電話会社以外に不払の事実は知られなくて済みます。

しかし…

下向きの矢印

料金不払いの人には、不払を受けている携帯電話会社もMNP予約番号を発行しないなどといった対応を取りそうです…

不払は解消してからUQモバイルに申し込みましょう。

分割審査は落ちることもある

UQモバイルと回線契約を結び、同時に端末も分割購入するなら「分割審査」が必要です。

端末の分割購入はローンですから、銀行からお金を借りるのと同じ審査がされます。

端末の分割支払いは自動車ローンなどと同じです。

具体的には信用情報機関に照会して申込人の借入状況や返済状況などを見られます。

<UQモバイル加入信用情報機関>

CIC:株式会社シー・アイ・シー
KSC:全国銀行個人信用情報センター

信用情報機関には申込人が分割払いしている端末代の件数、残高、返済状況などが登録されています。

また、携帯電話とは関係のないローンやクレジットについても登録されています。

UQモバイルはそれを見て、新たに組む端末代のローンが支払い可能か判断をするわけです。

他にも過去に債務整理(自己破産や個人再生など)をした記録が登録されていないかなども見ています。

UQモバイルに限らずですが、最近は10万円を超えるような高額な端末も増えてきましたので、審査落ちすることも珍しくありません。

公式HPはこちら

UQモバイルのゆるい契約審査に落ちる理由

悔しがるサラリーマン

UQモバイルの審査がゆるいといっても、それは契約審査についてだけです。

UQモバイルの契約審査に落ちる人はほとんどいませんので、審査落ちする理由もある程度は絞れてきます。

本人確認書類の不備

UQモバイルのオンライン申込の途中で、本人確認書類をアップロードしなければなりません。

WEB上の本人確認ページ

たとえば運転免許証の場合、多いのが下記2点のようです。

審査落ちの理由

・画像が不鮮明で文字が判別できない
・住所変更の裏書がされていない
下向きの矢印

申込者が特定できないので審査落ちとなる可能性が高いです。

申込内容と確認書類記載内容の不一致

自宅と実家の異なる住所を入力したとかなら当然ですが、番地の表記が違ってもダメな様です。

審査落ちの理由

・漢字を正確に書いていない
⇒斎藤を斉藤と入力
・住所表記が異なる
⇒1番地2を1-2と入力
・建物名が異なる
⇒ABCマンションを
エービーシーマンションと入力
下向きの矢印

だいぶ細かいようですが、このような不一致を解消することで再審査を通過したという声が多数見受けられます。

転出元とUQモバイルで契約者相違

UQモバイルへMNPする時には転出元の契約者と、新たにUQモバイルと契約する人は同一が条件です。

ドコモとは旦那さんが契約していたけど、旦那さんのMNP予約番号で奥さんがUQモバイルと契約することはできません。

審査落ちの理由

転出元とUQモバイルの契約者が同一じゃない
下向きの矢印

名義が異なる場合は原則として契約はできません。

同一名義で5回線を超えている

UQモバイルでは契約当初に契約できる回線は、原則として1回線のみです。

その後、取引状況に応じて最大5回線まで申し込むことができます。

審査落ちの理由

・同一名義で5回線を超えた
・新しい回線を申し込むには早すぎた
下向きの矢印

契約可能な回線数を超えている場合は新たな契約はできません。

過去に料金不払いの実績がある

UQモバイル以外の他社も含めて、過去に料金不払いの実績がある人が全て審査に落ちるわけではありません。

TCAの「不払者情報」に登録されているのは「解約後」もなお不払の状態にある人です。

審査落ちの理由

・解約済みの携帯で不払い状態のものがある
・不払解約後5年が経過していない
下向きの矢印

不払者情報に登録されていては、さすがに審査にはとおらないと思います。

ちなみに、現在契約中の携帯電話会社の料金が不払になってても、情報機関の「不払者情報」には登録されません。

UQモバイルのゆるい分割審査に落ちる理由

分割審査は端末を分割支払で購入する時におこわれる審査です。

自分で端末を用意する、あるいは一括払いで端末を購入するという人には不要の審査です。

分割審査はローンの審査と同じですから、判断基準も各社さまざまだと思います。

債務整理(自己破産や個人再生)をした

信用情報機関に照会すれば分かってしまいます。

金銭の管理ができない人との印象はぬぐえず、審査落ちとなる可能性が非常に高いです。

<信用情報機関の情報登録期間>

登録情報全銀協CIC
自己破産10年を超えない期間5年

UQモバイルが加入している信用情報機関は上記2つですが、情報の登録機関は全銀協10年未満、CIC5年です。

審査落ちの理由

・債務整理した情報が信用情報機関に登録されている
下向きの矢印
時間が経過するのを待つ

全銀協が自己破産等の情報を登録しているのは10年未満ということで実際に何年なのかはわかりません。

それに対して、CICは5年です。

であれば、5年経過した時点で一度端末の分割支払いを申し込んでみたらどうでしょうか?

全銀協も5年で情報を消しているかもしれませんし、UQモバイルがCICの情報しか照会していない可能性もあります。

その場合は審査にとおります。

借入状況が悪い

全銀協やCICには債務整理などの官報情報だけでなく、個人の借入件数、借入残高、返済状況などが登録されています。

新たに申し込みのあった端末の割賦(ローン)が支払える状況か否かを判断するのです。

審査落ちの理由

・借入件数、残高が多く新たな支払能力がない
・返済が遅れがちで端末の分割支払も遅れそう
・端末の割賦代が他に何件もある

これは、どこにラインを引くかは各携帯電話会社の判断なので、どこまで大丈夫ということは言えません。

公式HPで確認したい方

※表示されない時はコンテンツブロッカーOFF
で表示されます。

UQモバイルの契約審査落ちを回避する方法

ここまでで既に触れた内容も含めて、UQモバイルのゆるいとされる審査に落ちない方法をまとめてみたいと思います。

既にご紹介しましたが、「契約審査」は以下の点を見ています。

●申込者の氏名年齢・住所などが特定できるか
●携帯料金の不払がないか

慎重になりさえすればクリアできます。

申込入力や本人確認書類の不備を無くす

WEB申し込み時に当然、氏名年齢・住所などを入力しなければなりませんが、提出する本人確認書類と内容を完全一致させましょう。

★★申し込み入力について★★

●漢字の不一致に注意
免許証が斎藤なのに斉藤と入力しない

●住所表記の不一致に注意
免許証では1番地2なのに1-2と入力しない

●建物名の不一致に注意
免許証ではABCマンションなのに
エービーシーマンションと入力しない

★★本人確認書類について★★

●本人確認書類は鮮明な画像で提出する
文字が判別できるか、はみ出していないか事前に確認しておきましょう。

●本人確認書類の期限切れがないかチェック
免許証の更新を忘れていたりしていないか確認しておきましょう。

●本人確認書類の住所変更をチェック
引越等で住所が変わった時は変更がされているか確認しておきましょう。

契約内容に注意する

契約者の名義や契約回線の数なども確認しておきましょう。

★★MNPは同一名義で申し込む★★

転出元は旦那さんの契約でMNP予約番号も旦那さんの名前、そのMNP予約番号でUQモバイルに申し込むには2人で店頭で手続きをしなければなりません。

★★契約回線の数に注意★★

UQモバイルは同一名義で原則1回線までで、取引状況に応じて最大5回線までです。

●もう少し時間をおいてから再申込する
取引状況に応じて契約可能改選数が増えるのを待ちましょう。

●同一名義はあきらめる
同一名義での契約はあきらめて家族名義で契約するのも一つの方法です。

携帯電話料金の不払がないか確認する

契約審査の段階ではローンやクレジットの遅延や滞納は関係ありません。あくまでも携帯電話料金の不払の確認です。

★★現在不払状態にある★★

不払状態は解約した携帯電話会社のものである
⇒情報機関(TCA、TELESA)に「不払者」として登録されています。

●不払状態を解消する
不払になっている料金を支払うことで「不払者」としての登録は削除されます。

●5年経過するのを待つ
不払の携帯電話を解約してから5年経過することで「不払者」としての登録は削除されます。

不払状態は契約中の携帯電話会社のものである
⇒情報機関に「不払者」として登録されていません。

●不払状態を解消する
不払でもその携帯電話会社と契約中であれば情報機関への登録は免れます。

しかし、UQモバイルへMNP転入したと同時に不払のある携帯電話会社は解約となり「不払者」として登録されます。

そもそも料金を支払ってくれない顧客にMNP予約番号を発行してくれるのかという疑問があります。

いずれにしても、不払状態は解消するに越したことはありません。

★★現在不払状態は解消している★★

現在不払状態は解消しているのであれば、情報機関に「不払者」として登録はされていません。

しかし、過去に、UQモバイルやそのグループ会社のauで料金の不払やトラブルがあったという時は注意が必要です。

既に解消済みであったしても、UQモバイルの自社情報として記録されている可能性は否めません。

UQモバイルの分割審査落ちを回避する方法

審査落ちするのは圧倒的にこの「分割審査」です。審査落ちを回避する方法を考えてみます。

スマホの分割購入はしない

スマホの分割購入をしなければ、分割審査はなくて、誰でもとおる契約審査のみになりますからUQモバイルと契約することができます。

●現在のスマホをUQモバイルでも使用する
●スマホを一括で購入する
●中古やレンタルのスマホを用意する

色々と方法はありそうですが、詳しくは下記ページで説明しています。

信用情報機関のネガティブ情報対応

ご紹介したとおり、全銀協やCICなどのクレジットやローンの信用情報機関にも携帯電話会社は加盟していて、申込者の情報の閲覧・登録ができます。

★★自己破産や個人再生の履歴がある★★

●時間が経過するのを待つ
⇒全銀協が自己破産等の情報を登録しているのは10年です。CICの場合は5年で、その後は情報は削除されます。

●5年経過時点で申し込む
⇒UQモバイルは全銀協とCICに加盟していますが、必ず申込者の信用情報を両機関に照会しているとは限りません。

たとえば、価格の安い機種は信用情報の照会をしない、価格が中程度の機種はCICだけ照会する、高価格の機種は全銀協とCICの両方に紹介するといった審査基準を設けているかもしれません。

だとすると、自己破産等していても低価格機種は審査にとおる、中価格機種は5年経過すれば審査にとおる、高価格機種は10年経たないと審査にとおらないということになります。

また、キャンペーン中はどんどん審査にとおすといったこともあるかもしれません。

結局、自己破産しているから携帯の分割はダメという法律はないのですから、情報を基にどのような判断を下すのかはUQモバイルの自由です。

したがって、5年というのは一つの例であって、キャンペーンや新規開店店舗に出向くとかチャレンジするのも一つの手だと思います。

借入が多い・返済遅延がある

●借入件数を減らす

たとえば10件200万円よりは1件200万円の方が印象は良いです。自動車ローンでそれくらいの借入がある人なんてざらにいます。

おまとめローンを利用するのも月々の返済がへって金利支払いが減るのでおすすめです。

●良好な返済実績を積み上げる

少し時間はかかりますが、ローンやクレジットカードの支払を遅れることなく返済し、良好な返済実績を作るのも効果がありそうです。

半年から1年もしっかりと実績を作れば10万円前後のローンならとおりそうです。

●価格の安い端末に変更する

申込金額が小さいほど貸し手側のリスクは減ります。最新の機種は諦めて少し前のモデルで安い金額のものにして割賦を申し込んではいかがでしょうか。

●UQモバイルのキャンペーンを利用する

UQモバイルのキャンペーンは多彩でお得なものがあります。

オンラインショップからSIM+端末セットを申し込むと大幅に端末代が安くなります。

中には一括550円なんていう端末もあったりしますので、おすすめです。

公式HPで確認したい方

UQモバイルよりも審査のゆるい格安SIM

対策を施しても審査にとおらない時は格安SIMのIIJmio(みおふぉん)がおススメです。

2012年から格安SIMサービスを提供してきた老舗ブランドで根強いファンを多く持ちます。

IIJmio公式HP

なんと、このIIJmio、TCAの「不払者情報」の交換に参加していないようです。

ということは、強制解約後もなお不払の料金があるような人でも審査にとおるということになります。

しかも、かなりの低料金設定なんです。おそらく格安SIMの最安値ではないでしょうか。

IIJmioデータ容量別 月額基本料
※価格は税込

2GB4GB8GB15GB20GB
858円1,078円1,518円1,848円2,068円

とんでもなく安いです。端末も110円と缶コーヒー並みの安さです。

IIJmioもよかったら検討してみてください。

UQモバイルの審査まとめ

UQモバイルの審査はゆるいという声を聞くことがありますが、契約審査は確かにほぼ誰でも通るくらい「ゆるい」と思います。

ただ、それは他社と比較して「ゆるい」のではなく、携帯電話会社共通のゆるさだと思います。

一方で、「分割審査」に関してはローンの審査と同じですから、過去の自己破産や債務整理の有無、借入件数・残高、延滞の有無…など様々な判断基準がありますので、正直難易度を他者と比較するのは無理だと思います。

その中でも、少しでも審査に通る可能性を高めるために審査対策として幾つかあげてみました。

他にももっと有効な対策はあると思いますが、少しでも参考になっていれば幸いです。

公式HPで確認したい方

【参考】

コメント

タイトルとURLをコピーしました